メタボサプリランキング@余分な脂肪にガツンとアプローチ!!

メタボ サプリ

メタボとは?診断基準は?

 

メタボとはもはや説明不要だとも思いますが、「メタボリック・シンドローム」を言う言葉です。メタボの人は生活習慣病を合併するリスクが高く、そしてそういった疾患が出た場合にリスク要素が増えることになります。メタボリック・シンドロームの診断に際しては、内臓脂肪型肥満が診断のベースになっていて、それに加えて高血圧、脂質異常、高血糖という危険因子が組み合わさるとメタボと診断されることになります。

 

日本人向けの診断基準としては、おへそ回りの腹囲が男性で85センチ以上。女性90センチ以上となっています。これは断面図を作った場合の脂肪の面積と関係しているそうで、この数値を超えるとメタボになりやすくなるそうです。また、最大血圧が130mmHg以上または、最小血圧が85mmHg以上というのもひとつの要因となっています。いわゆる高血圧は140/90mmHg以上となっていますが、その一歩手前から要注意と判断します。

 

血液中の脂質の状態も注目される要因です。中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl未満というのが基準となります。いわゆる悪玉のLDLコレステロールではなく、中性脂肪とHDLコレステロールが基準となっているので注意してください。空腹時の血糖値が110mg/dl以上という基準で、糖尿病の判定基準の一歩手前が危険域と判断するようになっています。

 

基準を見てもわかるように、ある程度の肥満の上に、生活習慣病における危険な要因の一歩手前の状態があればメタボと診断されます。ただ、これは標準的な体質の個人差の範囲ではなく、明らかに生活習慣上に問題があると考えられる基準ですので、メタボと診断された場合には速やかに改善に当たることが大切です。

 

メタボの改善は食事の見直しから

 

自分の体型がメタボリックになってしまったら、なんとかして健康的な状態へ戻したいと思いますよね。そのためには、 食事の量と消費エネルギーのバランスというものを消費エネルギーの方が多くなるようにと変えていかなければなりません。これは通常行うダイエットとまったく同じで、食事制限だけでも運動だけでもうまくいかないものなのです。食事の量をこれまでのものの8割程度に抑えて、運動や日常的に細かく動くようにすることが大切になってきます。

 

健康的にやせていくためには、バランスの良い食事をとることが一番です。炭水化物や脂質をあまりに極端に減らしてしまうダイエット方法というのは 健康的にやせるという観点からみると、あまりいいことではありません。積極的に摂取しなければならないものは野菜なのです。通常の食事においても野菜というのは不足しがちなので、できるだけ意識して摂っていくようにしましょうね。減らしたい食べ物は何かというと、揚げ物等の油のこってりした食品や、お菓子等の甘いものです。 脂肪や糖分をたくさんとってしまうことはダイエットに適しません。

 

では、食べるタイミングはいつがいいのでしょうか。夜の食事は、その後の活動が少なくなってしまうため、消費エネルギー量も少なくなってしまいます。そのために、夜に摂取したカロリーというのは脂肪として蓄積されてしまうようになります。とにかく夜の食事については、なるべく早めに食べることが大切です。空腹でなかなか眠れない時は、カロリーの少ないスープや汁物などでお腹を満たしてあげましょう。メタボの診断をうけ、食事の制限をしていかなければならないのはとてもつらいものです。

 

好きなものは好きなだけ食べたいものですが、もし重大な病気になってしまったなら、 好きなものさえ食べられなくなってしまいます。そうなってしまう前に、少し工夫してカロリーや脂分を減らして、健康な体をつくるようにしましょう。

 

メタボ解消に炭水化物を減らす

 

メタボになりやすい食生活は高カロリーの食生活です。高カロリーなら必ずしも悪いわけではありませんが、高カロリーになりがちな人は、おおむね炭水化物と脂質を取りすぎる傾向があります。脂質が多いと脂肪になるのはもちろんですが、炭水化物もまた同じです。炭水化物は人間に必要なエネルギー源ではありますが、摂り過ぎると脂肪になったり、また血中の糖濃度が高くなり糖尿病などのリスク要因になります。運動によって大きくエネルギーを消費できる人であれば良いのですが、運動不足が慢性化していて、摂取したエネルギーを消費できない場合にはそれが中性脂肪になってしまいます。すると、動脈硬化を引き起こす原因となったりするわけです。

 

そんな中で注目されるのが低炭水化物ダイエットです。ローカーボンダイエットとも言ったりするこの方法では、炭水化物の摂取を控えるようにして他の食品を多く摂取するようにします。炭水化物を全部無くすという極端なことをすると、特に脳の働きに悪影響が出るのである程度は摂取しつつ、全体的に炭水化物を減らしカロリーを減らすことが大切です。

 

コツは、しっかり栄養バランスを考えた食事にすることと、よく噛むことです。噛むことによって満腹中枢が刺激されていくので、食べすぎを抑えることができます。早食いやドカ食いをする人は満腹中枢が刺激される前にどんどんお腹に食物が入っていくので、ついつい必要以上に食べ過ぎてしまうのです。メタボが気になる方は、炭水化物を減らすところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

メタボに効果的なエアロバイク

 

中高年にさしかかると、気になるのが腹回りにつく脂肪です。腰回りをスッキリさせるために、あなたならどんな器具を選びますか?例えばエアロバイク。これはとても人気が高いようですね。まるで有酸素運動の代名詞です。スポーツジムだけに限らず、ご家庭でも広く利用されているようです。でも、その人気の秘密はいったい何なのでしょうか?

 

エアロバイクというのは、2万円前後という手頃な価格で家庭向けの製品を購入することがでいます。エアロバイクの特徴は、自転車をこぐ要領で有酸素運動が行えるという点にあります。備え付けの液晶画面に走行距離や消費カロリー、心拍数といったものがリアルタイムで表示さる機能も付いています。体力に合わせてペダルの負荷を好きなように変える事も出来ます。エアロバイクの利点としてまず挙げられるのが、室内で行えるということでしょう。それゆえに、時間帯や天候の制約などを受けることがありません。どんな時でも、自分の好きな時に運動ができます。

 

通常、有酸素運動というと、ジョギングやウォーキングなど屋外で行われる機会が多い運動になります。その為、天候の影響や制約を受けてしまう事が多々あります。更に夜になってしまうと視界が悪くなりますから、自転車やバイク、車との接触事故を起こすことも危惧しなければなりません。エアロバイクはそれらの問題を全てクリアにでき、自宅にいながらも腹回りをスッキリとすることが出来るのです。ウォーキングだと体重の1,5倍、ジョギングだと体重の3倍もの負担が膝にかかってしまうと言われています。長い時間に渡り何度も地面に足を着地させるのですから、膝への負担は相当なものです。

 

習慣的に行っていくと、靭帯が炎症を起きてしまう事も考えられ明日。でも、エアロバイクであれば腰掛けてペダルをこぎますから、全体重を脚で支えるという必要が無いのです。膝へかける負担も大幅に減ってきます。

 

メタボに効く筋トレ法

 

ここ最近、メタボが気になって仕方がないという男性が増えてきましたね。「内臓脂肪型肥満」というのは、高血糖や脂質異常、高血圧、心臓病等、様々な生活習慣病につながりやすいだろうとされています。男性であればウエストが85センチ以上あれば「メタボリックシンドローム」の診断基準となっているようです。ご自身のサイズを測ってみて、該当するかどうか調べておくといいかもしれませんね。

 

メタボには効果的とされる筋トレの方法などあるのでしょうか。また、ウォーキングは効果があるのでしょうか。テレビCMで有名なRIZAP(ライザップ)のパーソナルトレーナーさんの方に聞いてみましょう。30代を過ぎたあたりから、急にメタボが気になってしまうという男性は多いことでしょう。若い頃だったらどんなにたくさん食べても太らなかったはずなのに、気がついたらベルトの上にお肉が乗っかってしまっている自分にびっくりしていませんか?お風呂に入った時に自分のお腹を見て、若干テンションが下がってしまうこともあるでしょう。なんとかして、そんな状況を克服したいものですね。こういった場合、なんとなく腹筋が一番効きそうな気がしますが、やり始めてみたものの、腰を傷めてしまいすぐに挫折してしまう人も少なくありません。

 

そのようなことにならないためにも、ダイエットに効果的とされる筋トレの基礎知識についてきちんと知っておきましょう。「結果にコミットする」というCMでおなじみの、RIZAP(ライザップ)のパーソナルトレーナーである板倉裕樹さん(以下板倉さん)に詳しく聞いてみましょう。「メタボに良い筋トレ」について、たくさんのことを教えてくれます。

 

食べる事が好きな人にしてみれば、できることなら食事制限はしたくないものですよね。運動するだけでお腹痩せしたいと思うでしょう。でも、メタボを解消するためには食事を工夫していくことが必要なのだそうです。お腹周りだけを部分的に痩せるということは難しいのですが、一番脂肪がつきやすいのがお腹周りとなるので、痩せる際にも最初に痩せていくという可能性が高いのです。

 

ただし、内蔵脂肪がたっぷりついた状態のまま筋トレをしたとしても筋肉はつきにくく、脂肪も落ちにくいようです。男性で体脂肪率が30%以上あるという方は、最初に食生活を改善していって体脂肪を20%台に落として、痩せやすい内臓脂肪というのは、臓器周りについている脂肪のことを指します。腸の隙間等にたくさんたまりやすく、「ぽっこりお腹」や「リンゴ型肥満」と呼ばれていて、これらは内臓脂肪の特徴と言えます。

 

特に男性は要注意です。内臓脂肪というのは、女性と比べて男性のほうがより溜め込みやすい傾向にあるからです。そのために、男性のダイエットというのは内臓脂肪を落とすことがとても重要となります。内臓脂肪が溜まってしまった状態が慢性化してしまうと、動脈硬化や高血圧、高血糖、脂質代謝異常等がみられるようになります。こういった症状は、心筋梗塞や脳梗塞等、命に関わる病気を引き起こしてしまうリスクを高めるので、ダイエットで内臓脂肪を落としてしまうことが大事だといえます。
内臓脂肪は皮下脂肪に比べると落としやすいという特徴があります。

 

食事制限によるカロリーコントロール、また、適度な運動をすることが求められます。でも、それでも中にはなかなか効果が実感できないという人もいます。内臓脂肪に対する危機感すら足りていない人がいるのも事実なのです。そのために、漢方の力を借り、もっと効果的なダイエットをしてみるのはどうでしょうか。内臓脂肪を落とすために漢方薬を用いると、効果的に脂肪を燃焼させていくことができます。

 

そうはいっても、漢方薬を飲んでいるからといって、これまでとかわら内生活を送ってしまっていては、改善されるものも改善されません。もし、今現在「飲むだけでみるみる脂肪を燃焼させる漢方薬」のようなものが存在するのであれば、世の中のほとんどの人みんなが利用しているはずでしょう。要するに、あくまでも漢方薬はダイエットのサポート的な存在であるということを常に忘れないようにした上で、活用していく必要があるのです。

 

みなさん、ガッカリしてしまったでしょうか?でも、たとえサポート的な役目であったとしても、漢方薬を利用するのとしないのとでは脂肪燃焼については大きな差が生まれます。

更新履歴